00020121_T2 13917279_T2








先日、帰省をし『筍掘り』を楽しんで来ました!!

竹は植物の中で成長が一番速いそうですが、家族は私の為にと猪やらから筍を大切に守り待っていてくれました(嬉)

毎年、毎年今思えば贅沢にも採りたての筍料理を『おいしい〜♪
(´▽`)』と食べているだけの私・・・

最近の若いもんは〜と耳にしますが、(若いかどうかは別にして)まさに・・・です。
唐鍬で根元近くの紫のイボイボめざして掘っていきますが何度唐鍬を振り下ろしてもビクともせず、唐鍬も使えない私(T_T)


これでは いかん!!と、これまた恥ずかしながら初めて筍の皮を剥き・・・
『え?どこから食べられるの?・・・』剥けども、剥けども マトリョーシカの様に皮ばかり・・・

この年まで母に甘えてばかりいた私。


恥ずかしい限りです。

父母揃って筍の種類から、どこは食べられるのか・どう調理するのか、春のうららかな日差しの中、まるで野外学校の様にみっちりと教えて貰いましたv( ̄∇ ̄)v


’書いて字のごとく、旬日(10日間)で竹になることから古より強い生命力が宿る食べ物で、冬の間滋養をたっぷりためていよいよこれから育つエネルギーを充満させた春の植物の「新芽」の一つでまっすぐに伸びる姿は、昔から生命力の象徴!
春の訪れを実感するには欠かせない筍!
特にとれたての若い筍を食べるのは、その生命の息吹を全身に取り入れて一年の活力にしたいという願いが込められているんだよ’と。
12301417_T2






筍パワーで皆様に充実した一時をご提供させて頂ける様頑張ります!!!